社内ニートの極み

大手SIerで元社内ニートしていた者の雑記ブログ

【効率良く】結婚の手続きをまとめてリストにしてみた

どうも、あずーと(@kiwami_of_neet)です。

 

f:id:sonepii:20180923201156j:plain

 

 

結婚してみて改めてわかった、めんどくさい手続き集をまとめてみました。

 

結婚する前からだいたい想像ついていましたが、役所・銀行関係の手続きってだいたい時間がかかったり、面倒臭いことが多いですよね。

 

大体、戸籍制度とか改姓の制度って誰得だよって感じで生きる上であまり必要のないことだと思ってましたが、今回手続きをしてみて改めて手間がかかるってのを実感しました。

 

今回はその憂鬱な作業を少しでも効率よく、時短できるように時系列に沿って書いてみたので、参考にしてみてください。

 

結婚した時に必要な手続きリスト

 

そもそも、結婚した時に必要な手続きって何があるのかという話ですが、人によって必要不必要あると思うので、省いたり付け足すのもありだと思います。

 

今回私が行った手続きはこちら!

 

・婚姻届提出

・パスポート変更

・免許証の氏名・本籍変更

・銀行口座の名義変更

 

 

効率の良い手続きの流れ

 

 では、早速手続きの流れを説明します。

 

ちなみに、既に済ませている手続きはこんな感じです。


・旧住所を置く市役所にて転出届を提出済み
・同居を開始するため、新しい市へと引っ越し済み

 

 

この条件を踏まえて、いざ効率の良い手続きの流れをお伝えします。

 

婚姻届提出@役所

こちらは、各役所の市民課に出せばOKだと思います。

 

婚姻届は結構書くのに時間がかかるのと、集中力が必要だと思うので、自宅で書き上げてから提出しに行きました。

 

なので、事前に婚姻届を役所やインターネットでダウンロードして、用意しておくとスムーズに提出できます。

 

ちなみに私は、まちキュンご当地婚姻届鈴鹿市の婚姻届にしました。

 

婚姻届が受理されてからでないと、氏名や本籍の変更手続きができないので、最優先の書類だと頭に入れておけば大丈夫です。

 

 

住民票・戸籍謄本を手に入れる@該当する住所の役所

 

では、まず各種手続きに必要な、住民票と戸籍謄本を取得します。

 

基本的に身分証明証と印鑑(認印)と手数料があれば取得できるので、絶対に忘れないようにしましょう。

 

ちなみに書類をゲットするのに30分~1時間かかると見積もっておいてください。

 

たったこれだけのことなのにと思うくらい、めちゃ待たされます。。。

 

もっとIT化進めて、アナログなことやめればいいのにと思います。

 

 

運転免許証住所変更@最寄りの警察署、運転免許センター

 

住民票を取得したので、まず最初に運転免許証の氏名・本籍変更すると後々楽なので、住民票をゲットしたらその足で向かいましょう。

 

基本的に提出した住民票は返却されないと思ってください。

 

 

銀行口座の氏名変更@銀行

 

銀行口座の氏名の際の持ち物は、旧姓の印鑑、新姓の印鑑、通帳、キャッシュカードが必要です。

 

結構持ち物が多いので、事前に銀行のHPで確認しておくと良いと思います。

 

 

パスポート変更@旅券窓口

 

パスポートは、戸籍謄本(場合によっては住民票も)が必要です。

 

あと氏名の変更でもパスポート自体を新しく作り直すので、証明写真も必要になります。

(パスポートに修正すれば問題ないような気がしますが、そもそもグローバルに合わせるなら、改姓なんて必要ないんじゃ・・・)

 

まとめ

 

リストアップしてみて、さらに面倒だなと感じましたが、現時点で手続きが必要なのは、こんな感じです。

 

住民票・戸籍謄本の取得、運転免許証の氏名変更、銀行口座の氏名変更、パスポートの氏名変更

 

基本的にどれも時間がかかるので、この流れを一通り実行するとだいたい一日かかります。

 

ただ、効率重視で手続きの流れを開設しましたので、これを参考にしてみてください。

 

 

これらの手続きをもう一回やってと言われても、二度としたくない。。。

 

あずーとでした。

おわり