社内ニートの極み

大手SIerで元社内ニートしていた者の雑記ブログ

【SNSに疲れた人向け】SNS離れしてみて感じたメリットのまとめ

どうも、あずーと(@kiwami_of_neet)です。

 

f:id:sonepii:20190110180720j:plain

 

皆さんは、SNSに疲れることってありませんか?

 

LINEで一日中やりとりが続き、辞めどきがわからない。

いいねがなかなか集まらない。

友達の投稿やつぶやきと自分をつい比べてしまう。

気づいたら、スマホがないと生活できない。

 

私は去年の冬にちょうどSNS疲れしまして、一度SNSから離れることにしました。

 

実際にSNSから離れてみて、どう感じたのか、何か変わったのかを今回はまとめます。

 

 

 

 

SNS離れしたくなった原因

 

①一番大きな原因は、当時適応障害によって精神状態が非常に不安定だったからです。

 

とりあえず、自分のことに自信がなくなりました。

 

人と比べるタイプでなくても、なぜかSNSをみては人と比べていました。 

 

人と比べても仕方ないのは今なら簡単にわかりますが、その当時は頭になかったのです。

 

 

②余裕が全くありませんでした。

 

時間的余裕も、精神的余裕も。

 

SNSってどちらも蝕めるので、SNSにのめり込むことで、余裕がなくなっていきます。

 

 ③興味がなくなる。

 

最終的には、何にも興味を持てなくなるのも精神病の特徴ですが、本当に興味が無くなります。

 

自分の意思で、これをしたいとか、今後こういう事をやろうとか全く考えられなくなりました。

 

なので、SNSも発信する事が無くなり、他人の投稿にも興味が無くなったため、SNS離れしても全く困らないと思い、離れてみました。

 

 

SNS離れによって受けたメリット

 

SNSから離れたことによってこのようなメリットを感じました。

 

  • 情報が整理しやすくなった
  • 人と比べることがなくなった
  • 気楽な気持ちが持てるようになった
  • 自分の時間を増やすことができた

 

 

まとめ

 

SNSから離れてみて、自分に対する自信が回復したというまではいきませんが、他人と比べたりすることが減ったので、少し自信が持てる気がしました。

 

また、暇な時間にもSNSを開くことがなくなり、その時間を読書や資格勉強、ゲームなど好きなことに費やすことができ、効率的な生活ができます。

 

期間を決めて、SNSから離れてみたりするのもすごく良いと思います。

 

もしSNSに疲れてしまったら、SNSから離れるのも自由ですから、一度離れてみてはいかがでしょうか。

 

あずーとでした。

おわり